ふたご座流星群の流れ星を数える
 さてふたご座流星群。出現が極大となったのは今朝のこと。なので昨夜見に行きました。見に行ったといっても近所の太田川放水路の河原までいっただけなのだが。ここは土手の堤防が光を微妙に遮ってくれるし木もないので空を見るには絶妙。

 夜遅かったのでふたご座はもう天頂近くに来ていた。ちょうどオリオンが南中した時間でもあった。今回のふたご座流星群は月が新月を迎えたばかりで観測条件がよかった。ふたご座周辺はもちろん、シリウスより南側やレグレスやアルデバランの近くにも流星を見ることができた。

 それにしても冬の夜空はしみじみと美しい。空気が澄んでいるのも理由だけれどシリウス、リゲル、アルタイル、カペラ、アルデバラン、ボルックス、プロキオンという7つの一等星を見ることができる。冬の夜は寒いけれどシリウスの青白い色を眺めているとその色のほうが冷たそうで空気の寒さを感じなくなる。

 さて、今夜もちょいと見に行ってみるか。
[PR]
by ppuid | 2004-12-14 20:56 | おーっ!!
<< 民生情報、ライブその後の話 「ひとり股旅スペシャル@広島市... >>