軍手人形はアートだった
アート作品だった 広島の公園や川土手の手袋人形」 中国新聞より

 ■広島の男性 「土地癒やす」と3000個

 広島市内の公園や川沿いの遊歩道などで見つかり、「誰が何のために」と話題になっていた、手袋で作った人形の正体が十九日、分かった。広島市安佐南区に住む清掃業男性(55)が「土地を癒やしたい」「木を再生したい」との願いを込め創作した作品だった。

 男性は、約三千個の人形を知人と一緒に中区、西区、南区と安佐南区の公園や川土手などに置いたという。


 なんと、あの人形はアートだったのか。しかも3000個もばら撒いていたとは。それは注目も浴びるはずです。しかし出所がわかってすっきりですね。
[PR]
by ppuid | 2005-04-06 21:34 | ほうほう
<< しだれ桜 震度3 >>