しだれ桜
a0006866_23302234.jpg 達屋で購入した春の和菓子。銘は確か「しだれ桜」。やばい記憶がやや曖昧だ。基本は上用饅頭なので蒸し物です。達屋の蒸し物は初めてだけれど、皮が硬くてちょっと違和感。作ってから時間が経っているのか、それともこれが達屋のデフォルトか。確かに練切も道楽屋よりは硬かったからなあ。

 中は漉し餡でさっぱりした甘味と皮の香り相性は悪くない。ただ皮の舌触りが悪いので口に入れたときの溶けるような感覚を味わえないのが残念。上用は基本中の基本だけに気になるなあ。次も蒸し物を食べてみよう。
[PR]
by ppuid | 2005-04-07 23:35 | 広島食べ物
<< ベーグル 軍手人形はアートだった >>