河内ベーカリーの黒豆パン
a0006866_053388.jpg 黒豆パンといわれると思わず食べたくなってしまう。黒豆の黒さにはそんな魔力があるような気がする。柔らかめのパン生地に包まれているのは、黒豆で作られた餡。これはちょっと珍しい。小豆餡のように単一色ではなくて、皮の黒さとそれよりやや薄い身の黒さに分かれている餡。甘さは控えめでさっぱりとしている。

 河内ベーカリーは広島では少ない町パン屋さん。アンパンやコッペパン、惣菜パンを始めとしてクロワッサンやデニッシュなど幅広く作っている。本格的、というわけではないけれどこの味に懐かしさを感じる人もいるだろうし、アンデルセンばかりでは飽きてしまうからね。貴重な存在です。評価は80点!!個人的にはもっとハードなパンが好きだから点数は低め。しかしたまに食べたくなるんです。場所はこちら
[PR]
by ppuid | 2005-04-16 00:16 | 広島食べ物
ベーグル >>